結婚指輪

結婚指輪の刻印に入れるもので考えたいこと

愛し合う二人が金沢で結婚することになり、二人で話し合い探し合いながら選ぶことができたマリッジリングですが、そのときにその結婚指輪にはどのような言葉を刻印するのでしょうか。ほとんどのケースで無料で入れてくれることが多いので、夫婦の愛の証としての言葉や文字を入れたいと思うのは自然なことです。
金沢でよくあるケースとしては結婚式の日や入籍日を刻印することや、お互いのイニシャルを入れたりすることがほとんどかもしれません。そのときにやはり結婚指輪で絵になるのは英語にすることや数字を入れることです。漢字ではあまりいい感じにはならないかもしれません。人気のある英語の言葉ではFOREVERとか、PURE LOVE、FOR YOU、TRUE LOVE、といった愛に関係する言葉が人気になっています。普段ほとんど見ることがない部分かもしれませんが、二人の気持ちを言葉に表すというのは嬉しいものです。
また金沢の別の人は意外と忘れがちな付き合い始めた日とか、出会った最初の日を刻印するというのも素敵になることでしょう。結婚指輪は一生の大切なものになりますので、よく話し合って決めることや、これから子供ができて家庭を持つようになるかもしれないということ、そしてやがては高齢になるときのことまで考えてみるのもよいかもしれません。

シンプルなデザインがいい結婚指輪

結婚指輪、金沢では毎日身に着ける派と仕事などの理由で常時つけっぱなしにはできない派と分かれるかと思います。前者の場合、毎日身に着けると思う方の場合は結婚指輪のデザインはシンプルなものがおすすめです。
「人と同じような平凡なタイプは嫌」と思われるかもしれませんが毎日つけっぱなしであるならば邪魔にならないようなプレーンな引っ掛かりのない輪っかのようなデザインがストレスなくつけられます。また日常のことだけでなく、デザイン性の高いファッションリングと重ねづけをしても結婚指輪がシンプルであれば手元の印象がごちゃつかずにしっくりと似合います。マリッジはシンプルなかまぼこタイプのプラチナで、華やかなゴールドのダイヤのエタニティなどと重ねづけしていますと「お洒落だな」と感じます。重ねづけの場合はあえて地金の色は揃えずに違ってもいいですし、また揃えても統一感がありますしどちらでもそれぞれに良さがあります。これがマリッジが奇抜なデザインの場合は重ねづけする際はリングを選ばなくてはいけないので、結婚指輪はあえてシンプルな方がいいとおすすめする理由です。
金沢の人によりましては、婚約指輪と結婚指輪をいつも重ねづけすることを想定されたデザインのものを選ぶ方もいます。ダイヤの指輪を大切にしまっておくより、普段使いしてしまう金沢の女性もいます。これは価値観にもよりますが、個人的には大賛成です。ダイヤモンドを身に着けているとやはり女性の手元の美しさが引き立ちます。素敵なリングを選んで幸せな毎日を過ごしたいですね。

婚約指輪と結婚指輪はそれぞれ役割が違う

愛し合う男女がその愛を深め合い、やがては結婚を意識するようになるということは本当に微笑ましいですし、素晴らしいことです。そしてその金沢のカップルは交際が順調に進んでいくと婚約ということになりますが、その婚約のときに使われるのがエンゲージリングといわれる婚約指輪です。
それによって二人は結婚をすることを誓約した仲であるということが明らかになるのです。そしてそのあとは二人は結婚に向けていろいろな準備をしていくことになります。結婚式を行うための準備であり、その準備には1年とかそれ以上かかってしまうことさえあるに違いありません。そして金沢で入籍そして結婚式の時に使用するのがマリッジリング、結婚指輪であり、それぞれが左手の薬指につけるということになります。ということは婚約指輪はどうなってしまうのでしょうか。それは結婚までの期間として使用し、そのあとは大切な場所にしまっておくという金沢の女性もいますし、結婚指輪と重ねて2つ身に着ける女性もいますが、それは好みで決めていくことができます。とはいえ、結婚式のときには通常婚約指輪は右手に着けることになります。それで婚約指輪というのは男性が彼女プレゼントするものであり、結婚指輪は二人で話し合って選んでいくものということになります。


刻印などをいれて世界にひとつだけしかない、ふたりだけの結婚指輪が金沢でつくれますよ。金沢の職人さんが希望通りのデザインに仕上げてくれますので、とても満足のいく結婚指輪が手に入ります。どこで結婚指輪を買おうか悩んでいるという方は、金沢も候補にいれてみてもよいかもしれませんね。

TOP